読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木村智陽の雑学ご紹介ブログ

木村智陽の雑学ご紹介ブログ

木村智陽 トートバッグのトートの意味と歴史

木村智陽です。皆様こんにちわ。
本日も雑学をご紹介させていただきます♪

木村智陽 トートバッグのトートの意味と歴史

トートバッグのトートの意味と歴史

トートバッグ

トートバッグとは通常手持ちが2本ある手持ちカバンのことを言うが
この「トート」という言葉の意味はご存じだろうか。

トートの意味

トートバッグ
引用元:wikipedia「トートバッグ」

トートとは英語で「運ぶ」「背負う」「携帯する」という意味を持つ。

トートバッグのトートとは英語のTOTE(運ぶ)という意味を持っているので
トートバッグとは運ぶバッグという意味を持っています。

トートバッグの誕生

L.L.Bean
引用元:wikipedia「L・L・ビーン」

トートバッグはアメリカで誕生した。

トートバッグは1940年頃のアメリカで誕生しました。
最初に発売したのはアメリカのアウトドアメーカー「L.L.Bean社」で元々は「あるもの」を運ぶために考案されました。

あるもの

ice-cubes-1194502_640

トートバッグは氷を運ぶために考案された。

当時、冷蔵庫がまだ普及していない電気冷蔵庫のない時代に食料は木製のボックスに氷を入れて保存していました。
その氷を家に運んでくるためには強靭なバッグが必要だったため考案、発売されたのがトートバッグだったのです。

これが次第に野外で氷を使う人々の愛用品となり、氷以外の物を運ぶようになるとファッション性を持ち始め
女性のハンドバッグとして一般化されていきました。

以上、トートバッグのトートの意味と歴史でした。

本日はこの辺りで、木村智陽でした。